野村の「米国ハイ・イールド債券投信」が売り止めに

野村証券が今年の1月から販売を開始した
「米国ハイ・イールド債券投信」が好調に資金を集め
一時売り止めをするようですね。

当初から5000億円程度を上限として設定していて、
現在残高が4300億円に達したためとのことです。

ここへ来て、個人の資金が再び投資信託市場への流れが
再び好調になりつつあるようですね。

中でもエコ・環境関連へ投資する投資信託や
商品先物へ投資する投資信託も、
資金の流入が増えてきているようですし。

本当のところは分かりませんが米国の金融危機も
落ち着いてきた感がありますし、
中国の内需拡大策により中国株も回復を見せていますよね。

さらには、中国の経済回復にともなって
日本の企業の中にも息を吹き返してきている企業も出てきていますし。

個人的には、まだ金融危機は終わったという感じはまだないですし、
これからもう一波乱ありそうな気がしているのですが。

とはいえ、このまま回復してくれれば私もうれしいです。

------------------------------------------

野村証券は、2009年1月に売り出した「米国ハイ・イールド債券投信」の販売を、5月14日から一時停止(売り止め)することを決めた。発売以降、好調に残高を伸ばして現在4300億円に達した。広報部は「当初から5000億円程度を、適正に運用できる上限に設定していた」と説明する。

この商品は、ダブルB格以下と格付けが低い半面、利回りが高い米国債に投資。円や米ドル、ユーロ、豪ドルなどの通貨を選択できるほか、それぞれに毎月分配型と年2回決算型の15コースがある。少しでも高いリターンを求める個人に好評だが、他の投信商品についても株価の上昇とともに「手応えを感じている」という。

(J-CASTニュース - ‎2009年5月11日‎)
-----------------------------------------------------