日本株のインデックスファンド

アベノミクスによる円安効果や
日銀の黒田総裁が金融緩和を発表したことなどで、
日本株が上がっていることから
日本株へ投資したいと思っている方も増えていますね。

自動車などの輸出企業の個別株を購入するのもいいと思いますが、
各企業の業績などを調べている時間がないという方などは、
日本株のインデックスファンドを購入するのも一考では。

インデックスファンドとは、
日経平均やTOPIXの指数に連動するように運用される投資信託ですので、
自分が投資した投信の値動きに関しては、
おおよそ日経平均やTOPIXをチェックしていればOKですので楽です。

日経平均やTOPIXは、毎日のニュースで取り上げられますので、
生活の中で値動きに関してはチェックできます。

ただ、同じ、日経平均やTOPIXに連動するファンドでも、
多少の運用成績には違いが出てきますから、
過去の運用成績などをチェックしてどの日本株インデックス投信を選ぶか検討すると良いです。

日本株インデックス投信としては以下の代表的なものがあります。

日経よりTOPIXの方が対象銘柄は多いです。
つまりより分散されて投資されるということになります。

ニッセイ 日経225インデックスファンド
ニッセイ TOPIXオープン
eMAXIS 日経225インデックス
eMAXIS TOPIXインデックス
MHAM 株式インデックスファンド225
MHAM TOPIXオープン
インデックスファンド225
トピックス・インデックス・オープン
三菱UFJ インデックス225オープン
三菱UFJ TOPIX・ファンド
SMT TOPIXインデックス・オープン

これらの投資信託は、
ほぼどこのネット証券でも取り扱っていますし、
月々の積立額をきめて購入できる積立投信ともなっています。
証券会社によっては最低積立額が若干違いますが、
低いところだと月々1000円か5000円から積み立てることができます。