NISAと設定投信の変化

NISA口座、テレビCMなどの効果もあり、
ネット証券各社への口座申し込み予約は200万件を超えているそうです。

NISA口座の開始に伴って
投信設定会社は新規設定の投資信託を
分配型以外の投資信託へとシフトさせているようです。

分配型投資信託は利益を分配金として吐き出すので、
中・長期の資産形成のための投資信託としては不向きだからとのこと。

NISA口座は非課税枠1つ当たりの非課税期間は5年間ということで、
その利点を活かす使い方としては中・長期での保有で利益を得ることとなるので、
そのニーズに合う投信を設定していくということで
分配型ではない投資信託を投入していく傾向にシフトしているようです。

とはいえ、今でも、分配型以外の投資信託は数多くあります。

ですので、目新しい魅力がないと新規に設定したからと言って
資金が集まるのかという気もしますが。
タグ:分配型 NISA