イオン銀行か投資信託銘柄を増やす

イオン銀行がネットで購入できる投資信託を
52銘柄増やし、これで175銘柄となったそうです。

銀行としては取り扱い投資信託の本数が一番多くなったとのこと。

今回のイオン銀行の投信取り扱い銘柄増加は、
NISAの開始をにらんでのことだそうです。

メディアやCMでNISA口座について目にすることが増えたので、
NISAへの関心を持たれている方も多いと思います。

NISA口座を銀行で持ちたいという方は、
イオン銀行を検討してみても良いのでは。

NISA口座は一人一口座しか持てないので、
どの金融機関で持とうかと迷っている人も多いと聞きます。

NISA口座で投信購入を検討されている方は、
やはり取扱い本数が多い金融機関にする方が良いですし、
以前からネット証券が取り扱い本数の充実に努めていますから
ネット証券で作るのが良いと思うのですが、
銀行で持ちたいという方はイオン銀行が検討対象として良いかもですね。

--------------------------------------

イオンフィナンシャルサービスの子会社であるイオン銀行は1日、顧客の幅広い資産運用のニーズに応えるため、新たに52銘柄の投資信託商品(インターネット専用)の取扱いを開始した。

これにより銀行としては、日本最大級という投資信託商品数200銘柄(うち、インターネット専用175銘柄)を取扱うこととなり、2014年1月から始まる少額投資非課税制度(NISA)をにらみ、これまで以上に顧客へ幅広い商品の選択肢を提供できることになったとしている。

(マイナビニュース-2013年10月2)
---------------------------------------
タグ:イオン銀行