日本の不動産投資信託が人気に

不動産投資信託(REIT)へ資金が流入していて好調のようです。

昨年末時点の時価総額は7兆6144億円で過去最高となったそうです。

アベノミクスで少なくとも富裕層と言われている方は資産を増やしているようですので、
その増やした資金の一部が不動産投資信託へ向かっているのではないでしょうか。

また、NISA口座サービス開始に伴い投資信託への投資を盛んに宣伝していましたので、
投資信託購入者も分散投資の一環として一部を不動産投資信託を購入したのではないでしょうか。

さらには、2020年の東京オリンピック開催が決まったことから、
東京の不動産の注目度が一挙に高まり、
将来性を期待しての不動産投資信託を購入したということもあるようです。

----------------------------------------------------

安倍政権の経済政策「アベノミクス」効果で株高の流れが続く中、不動産投資信託(REIT)への資金流入も活発化している。昨年末時点の時価総額は7兆6144億円で、2001年の上場開始後の最高を記録。金融緩和の継続や20年の東京五輪などで地価の先高感があり、投資家の人気を集めている。

(毎日新聞-2014年1月22日)
---------------------------------------------------