SBI証券の「Myラップ」は500円〜投資可能

ラップ口座は当初、ある程度の資金、
たとえば1千万円以上とか必要でしたが、
大和証券が300万円からはじめられるということで、
富裕層のための金融商品から
少し一般的になっていました。

確か、大和証券のラップ口座サービスが始まって
間もない頃リーマンショックがあって、
個人投資家の投資熱が冷め
ラップ口座の話題はあまり効かなくなったんですよね。

それが、アベノミクスで株価が上がってきたこともあり、
また、ラップ口座が注目されるようになり、
今回、SBI証券が500円〜投資できるラップ口座を提供する
という流れになっています。

500円から投資可能ということは、
積立投信のラップ口座版という気がしないでもないのですが、
どうなんでしょう。

興味がある方は、SBI証券の「Myラップ」をチェックしてみてはいかがでしょう。
タグ:SBI証券