ニッセイ 日経225インデックスファンド

私は「ニッセイ 日経225インデックスファンド」を
マネックス証券で毎月積立購入をしているのですが、

好調だった基準価額が、
8月の更新にガクンと落ちています。

中国の経済減速が鮮明になったころですよね。

中国市場で利益を上げてきた企業を中心に
株価が下落したのが理由なのでしょうね。

確か1年半前くらいから積立をはじめたんですよね。

それまでは、セゾン投信だけを積立購入をしていたのですが、
それに加えて、日本株インデックスと先進国株インデックスを
追加で積み立てることにしたんです。

8月後半にこの3本すべてが基準価額を落としていますが、
老後の年金を補完するために
10年、20年と積み立てる予定ではじめましたので、
このまま積立を続ける予定ですが、
中国経済に代わる世界経済のエンジンとなる国が現れないと、
なかなか大きな好転はないのかもしれないですね。

まあ、じわじわとでもいいので、
10年先、20年先に今より良い経済状況、株式状況になっているといいのですがね。
タグ:積立投信