日本株投信、買い時か?

昨年の秋頃から外資系ファンドなどが
日本株を買い進めているそうです。

ここ数年、日本株はなかなか上昇トレンドに乗れず、
低迷しつづけていた面がありますが、
外資系ファンドなどはそういう日本株に対して割安感を見出し、
買いを進めているようです。

外資系の証券会社などでも
撤退や閉鎖した日本事務所を再度開設したり、
日本株の担当人員を増やしているとのニュースもありました。

このような状況を見ると
今後日本株が上がっていくのではという期待を持てそうです。

個別の企業の状況が分からなくても、
日本株のインデックスファンド、
日経平均やTOPIXの指数に連動することを目指す投資信託や、
ETFを購入することで、
今後値上がりしていくかもしれない日本株へ投資し、
将来的にリターンを得ることができそうです。

-------------------------------------------------

 英米系ヘッジファンドに始まり、欧米系投資顧問や投信など、入れ替わり立ち替わりで外国人投資家が日本株を買っている。さらに中東や北欧の政府系ファンドなど、“モノ言わぬ株主”も密かに勢力を拡大中。日本市場の主導権を握る外国人投資家の動きを追った!

 サッポロビールの買収攻勢に失敗したスティール・パートナーズのように強引な買収ファンドが退場していく代わりに、本流の超大手機関投資家が日本株に熱い視線を送っている。

 「昨年10〜11月から、英系のグローバルファンドと呼ばれる海外の民間機関投資家や、米系のヘッジファンドの買いが入り、相場の雰囲気は一変。さらに11〜12月には、年金評価などを手掛ける投資アドバイザーのフランク・ラッセルやマーサーグループが日本株のウエイトを上げた。それを受け、今年に入ってからはフィデリティやバンガードなどの米国の大手投信も買いに本格参戦してきました」と話すのは、欧米投資家の事情に詳しいパルナッソス・インベストメントストラテジーズの宮島秀直氏だ。

(ZAKZAK - ‎2011年3月1日)
---------------------------------------------------

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック