三井住友 アジア4大成長国オープン

三井アセットマネジメントが設定・運用し、
東洋証券が販売する「三井住友 アジア4大成長国オープン」。

募集は7月2日からはじまっていて、
設定日は7月30日となっている。

設定上限額は200億円。

アジアの経済成長をリードするインド、中国、ベトナムの3ヶ国と、
アジアの成長を活かす日本の企業にフォーカスして投資するファンド。

投資先は、ベトナム株マザーファンド、インド株マザーファンド、中国株マザーファンド、アジア戦略日本株マザーファンドで、

各国への投資比率は、ベトナム15%、インド30%、中国30%、日本25%となっている。

投資対象国がアジアの新興国諸国へという投資信託は数多くあるが、
そこへ日本の企業、しかもアジア地域からの収益が見込める基本企業にしぼって投資対象としてプラスするのは面白い組み合わせだと思う。

私としてはちょっと興味がわく組み合わせで、購入したいと思わなくもない。
購入単位も1万口以上1万口単位と購入しやすい設定なので、
それほど大きな金額は購入しないが購入したいと思う。

しかし、私は、東洋証券に口座を持っていないのだ。
口座を増やすと管理が面倒なのだが、まずは東洋証券に口座を作ってみようかと思う。

■三井住友 アジア4大成長国オープン
追加型証券投資信託/ファンド・オブ・ファンズ(FOF)
当初申込期間:平成19年7月2日〜平成19年7月30日まで
設定日:平成19年7月31日。
継続申込期間:平成19年7月31日以降
申込単位:1万口以上1万口単位
申込価額:取得申込日の翌営業日の基準価額(当初1口1円)
申込手数料:1000万口未満3.15%(税込)〜
信託報酬:純資産総額に対して年率1.638%(税込)。
信託期間:無期限
決算及び収益分配:年2回(原則として毎年1月、7月の12日。休業日の場合は翌営業日)

設定・運用会社⇒三井住友アセットマネジメント

販売会社⇒東洋証券「三井住友 アジア4大成長国オープン」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック