日興 グローバル・ウォーター・ファンド

水資源を支える世界各国の企業の株式に分散投資する
日興アセットマネジメントが設定・運用する「グローバル・ウォーター・ファンド」。

主な投資対象は「SAM ウォーター ファンド」。

私が最近注目しているのは、インフラ関連に投資する投資信託なので、
この「グローバル・ウォーター・ファンド」に非常に関心を持っている。

水資源関連へ投資する投資信託といえば
野村の「ワールド・ウォーター・ファンド」がある。
2004年7月設定当初から2年弱の期間はあまり人気がなかったが、
昨年の今頃から純資産総額も増えだし、基準価額も上がっている。
特に、今年に入ってから純資産総額の増加が急激に増えている。
私と同じ事を考える人が多いのかもしれない。

野村の「ワールド・ウォーター・ファンド」の最近の純資産総額の増額を考えると
この日興の「グローバル・ウォーター・ファンド」も購入者が多いのではと思っている。

■日興 グローバル・ウォーター・ファンド追加型
追加型証券投資信託/ファンド・オブ・ファンズ(FOF)/自動けいぞく投資適用
主な投資対象:ケイマン籍円建外国投資信託「SAM ウォーター ファンド」、証券投資信託「マネー・マーケット・マザーファンド」
当初申込期間:平成19年6月15日〜平成20年9月12日まで
継続申込期間:平成19年6月15日〜平成20年9月12日まで
申込単位:販売会社による
申込価額:〈当初申込期間〉1口当たり1円、〈継続申込期間〉お申込受付日の翌営業日の基準価)
申込手数料:お申込手数料率は3.15%(税抜3.00%)を上限として、販売会社が定める率とします。
信託報酬:純資産総額に対して年率1.666%(税抜1.616%)程度を乗じて得た額が実質的な信託報酬となります。
信託期間:平成29年6月15日まで
決算日:毎年6月15日

設定・運用会社⇒日興アセットマネジメント「グローバルウォーターファンド」

販売会社⇒あおぞら銀行、滋賀銀行、ジョインベスト証券


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック