GS エマージング・資産分散ファンド

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが運用し、
大和証券が販売する「GS エマージング・資産分散ファンド」。

募集開始は8月6日から。

エマージング諸国の株式と債券、
そしてコモディティへ分散投資する投資信託。

投資配分は、
エマージング諸国株式へ50%、
エマージング諸国債券へ25%、
コモディティへ25%、
となっている。

一般的にコモディティは、
株式や債券と違う値動きをすると言われているので、
リスクの分散がされている投資信託商品ということになりそうだ。

設定と運用がゴールドマン・サックスというのも興味深い。
あくまでもイメージ的になのだが、
米国の運用会社の方が日本の運用会社より
運用が上手だというイメージがあるのは私だけだろうか。

ちなみに分配は年4回、1・4・7・10月となっている。


■GS エマージング・資産分散ファンド
追加型証券投資信託 / ファンド・オブ・ファンズ(FOF)
当初申込期間:2007年8月6日〜2007年8月23日まで
継続申込期間:2007年8月24日以降
申込単位:10万円以上1円単位、または10万口以上1口単位
申込価額:当初1口当たり1円
申込手数料:申し込み金額に対して3.15%(税抜3%)
信託報酬:純資産総額に対して年率0.9765%(税込)
決算と分配:1月、4月、7月、10月の各20日。

設定・運用会社⇒コールドマン・サックス・アセット・マネジメント

販売会社⇒大和証券「GS エマージング・資産分散ファンド


話しは変るのだが、
世界の株が株安傾向に向かっているのと、為替が円高傾向なのがちょっと気になる。

まあ、株価の方はいずれ反発して上昇するとは思う。
しかし、為替のほうはしばらく円高傾向が続きそうな気がする。
もっとも、ここ半年以上円安すぎたという面もあるのだが。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。